• 自動車・自動車部品・輸送用機器

更新日2019年09月12日

ボッシュ

車両診断システムレジデントサポートエンジニア

年 収

450万円~800万円

勤務地

東京都渋谷区渋谷3-6-7

職務内容

■オートモーティブアフターマーケット(AA)事業部における車両診断システムのレジデントンエンジニアを担当していただきます。
<具体的には>
・国内自動車メーカ向け診断システム開発プロジェクトにおけるシステム開発。
・オンサイト(神奈川県、厚木)でのレベル1サポートエンジニア
・診断データの作成に関連する質問の窓口担当者として顧客のチームを支援する。
・問題を分析し(バグ、誤った使用、誤った入力データ...)、可能であれば解決し、顧客とBoschに報告する。
・新しい機能が導入されたとき、顧客のスタッフに対しトレーニングを提供する。
・問題発生の回避のため、システムの運用ログを分析する。
<常駐先>厚木

担当製品

車両診断システム

出張場所・頻度

日本国内(客先)

英語

インターナルでの英語使用が恒常的にあり

必要な経験・資格

【必須要件】
■以下何れかひとつ以上の経験を有する(合計で2年以上)方
- 車両診断システムのデータコンテンツ作成(オーサリング)
- 整備士として車両診断、故障診断システムの使用経験
- データベース、データモデルに関する経験(SQL, XML, JSON等)
- Excel macro、Javascript等の簡易プログラム言語
■抵抗がない程度の英語力
※英語力がお持ちの方はご使用いただけます。

雇用条件

・雇用形態:正社員
・転勤の有無:場合により有
・就業時間:9:00-17:45
・給与形態:月給制

待遇・福利厚生

・保険:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金
・諸手当:住宅手当、家族手当、資格手当
・休日休暇:年間121日、完全週休2日制(土・日)、GW、夏期、年末年始、有給休暇、特別休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇など
・その他:寮・社宅、財形貯蓄、社員持株、保養所

企業情報

【概要・特徴】
年間売上高10兆円超を誇る世界最大の自動車システムメーカー「BOSCH」の日本法人。グローバルでは、ドイツに本拠を構え、約39万人の従業員を擁しています。1886年の創業以来、数々の世界初の技術を生み出しており、エアバッグ、トランスミッション、ABS、ディーゼルハイブリッドエンジン、排ガス後処理システムなどの多岐にわたる革新的技術を開発しています。日本法人は、自動車用パーツの開発・製造・販売のほか、自動車用補修パーツや電動工具も取り扱っており、ドイツに次ぐ開発拠点として重要なポジションにあります。近年では製品の開発・製造・販売のみでなく、車両診断システム、農業用AIソリューション等、サービス事業への進出も積極的に行っております。
【研究開発体制】
世界に約120ヵ所の開発拠点を有し、研究開発費に70億ユーロ以上を投資しています。全世界で3,800件以上もの特許を出願しており、その数はドイツでは毎年1位、世界でも5位を誇っています。日本の開発センターでは、ディーゼルシステム、ガソリンシステム、ブレーキシステム、電子制御製品、ソフトウェアなどの先進技術開発を行っています。日本市場で成長を加速させるため、日本が強みを持つ自動運転に積極的に投資を行っています。自動運転の実現に向けたテスト運転を行っており、ドライバーを補助する環境センサーやビデオカメラの開発・製造、パーキング・アシスタントの開発などにも着手しています。
【福利厚生】
育児休暇取得率(2年まで延長可能)は100%、有給取得率も95%以上です。
【日本国内に有する施設】 工場/テストセンター/テストコース/研究開発

コンサルタントコメント

近年、同社は新規案件の獲得が続き、活気にあふれています。
就業環境や働きやすさなどの情報も提供させて頂きますので、ご興味のある方は是非、一度お問い合わせ下さい。

お問い合わせ番号

求人提供元

211748

この求人の内容を詳しく聞きたい方・応募したい方、
転職の相談をしたい方は、こちらからお気軽に問い合わせください。

この求人に問い合わせる(無料)