• 自動車・自動車部品・輸送用機器

更新日2019年07月17日

トヨタ自動車

先行開発<燃料電池スタック用材料>

勤務地

愛知県豊田市,静岡県裾野市御宿1200

職務内容

■同社に燃料電池スタック用材料の先行開発・設計を担当していただきます。
【具体的には】
・発電部(MEA)関連材料要素開発
・MEA先行設計、評価、解析
・セパレータ材料要素開発
CO2低減・エネルギー多様化への対応は、人類共通の重要課題です。同社では1992年以来、燃料電池技術の開発を続け、2014年に初の量産型燃料電池自動車「ミライ」を発売し、エコだけでなく走りの良さでも大変好評を頂いています。燃料電池車のさらなる普及を目指し、より小型・高性能・低コストな燃料電池実現のために燃料電池スタック用材料の研究・開発を行っています。世界一の燃料電池車を私たちと一緒に創りませんか。

担当製品

燃料電池スタック用材料

必要な経験・資格

【必須要件】
※下記A,Bいずれかを満たす方
【A.下記いずれかの経験がある方】
・燃料電池メーカーまたは燃料電池材料メーカーでの開発
・大学または研究機関での研究開発
【B.下記いずれかの経験・知識がある方】
・燃料電池材料(電解質膜・触媒・ガス拡散電極)の開発/評価解析
・アイオノマー/フッ素樹脂の開発/専門知識
・有機材料/高分子材料合成に関する専門知識
・シミュレーションを用いた材料設計に関する専門知識

雇用条件

・雇用形態:正社員
・転勤の有無:場合により有
・就業時間:8:00-17:00
・給与形態:月給制

待遇・福利厚生

・保険:健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金など
・諸手当:通勤手当、家族手当、時間外手当など
・休日休暇:年間121日/(内訳)完全週休2日制(土日)、夏季休暇、年末年始、有給休暇 ※その他、年次有給休暇・特別休暇あり
・その他:施設/寮・社宅、スポーツ施設、保養所など 制度/選択型福利厚生制度・従業員持株会制度・財形貯蓄制度など

教育・研修

OJTを基本に、階層別研修、語学研修、自己啓発セミナーなど各種バックアップを行います。 ※[技術系]は技術教育もあります。

企業情報

【概要・特徴】
東証一部上場、世界最大級の完成車メーカー。グループ全体で、国内外に関係会社564社、32万人以上の従業員を擁しています。ダイハツと日野を傘下におさめており、SUBARU、マツダ、スズキと提携を行っています。2017年度の国内シェアは47%とトップ、世界シェアは3位を獲得。グループ全体で1,000万台以上の販売台数を記録しています。
【開発体制】
国内だけでなく、アジア、欧州、北米の各地に開発拠点を設け、先進的な技術の研究・開発を推進しています。近年、AIの研究・開発の拠点として、米国に子会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE,INC.」を設立。AIやロボティクスに携わる技術者を集め、内製化を図っています。また、2016年の組織改正に伴い「先進技術開発」、「パワートレイン」、「コネクティッド」の3バーチャルカンパニーを新設。従来よりも組織を小型化し、意思決定や研究開発のスピードの向上につなげる考えです。
【福利厚生】
ライフスタイルやライフステージに応じて福利厚生メニューを自身で選択できる制度「選択型福利厚生制度(ウェルチョイス)」を設けています。そのほか、全国に200カ所以上の保養所や、約3万人が収容できる総合グラウンド、サッカー場、テニスコート、ジャグジー付屋内プール、スポーツジムなどのスポーツ施設を充実させ、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

コンサルタントコメント

100年に一度の大変革期と言われる時代の中、電動化のコア技術の一つである燃料電池の開発に携われることはエンジニアとしての喜び。技術的には非常に難しく、苦しいこともありますが、非常にやりがいのあるチャレンジングな仕事です。

お問い合わせ番号

求人提供元

199224

この求人の内容を詳しく聞きたい方・応募したい方、
転職の相談をしたい方は、こちらからお気軽に問い合わせください。

この求人に問い合わせる(無料)